TOP > 治療方法 > ウォーキング

ウォーキングについて



五十肩には様々なリハビリの方法があります。肩関節が癒着を起こして可動域が減少し、そのまま放置していると、痛みの症状が長く残ってしまうことがあります。

これを防ぐには、運動療法などのリハビリを用いて、可動域を取り戻す治療をすることが必要になってきます。

また、リハビリで代表的なものとして、「アイロン体操」や「コッドマン体操」などが多く用いられています。これらの体操は腕を振ったり、指を這わせたりして、可動域を広げていくように試行します。

肩に直接的に力を入れるのではなく、重力や体全体の揺れを利用することで、痛みを起こさないで、五十肩を改善していきます。

よく、整形外科などに行くと、動かさないで安静にしていれば、半年~1年で自然治癒させることができるという医師がいますが、これは大きな間違いですので、信じないでください。

五十肩は安静にしていればいるほど、肩関節周りが固まってしまいます。そして、いずれ拘縮という状態になり、肩関節が完全に固まってしまい、全く動かせなくなってしまうことがあります。

五十肩は安静にしていればいるほど、症状は悪化することを知ってください。また、それを改善するには多少の痛みがあったとしても、肩関節が固まらないようにどんどん動かすことが必要です。

また、その他のリハビリとして効果の高いものにウォーキングがあります。ウォーキングは様々な病気のリハビリとして用いられていますが、全身の血行を高める運動しては、とても効果がある運動です。

また、リハビリの前にウォーキングをすると、その後のリハビリなどにも良い影響を与えます。血行が良くなることにより、痛みを伴う運動や体操をなんなくこなすことができるようになります。

また五十肩にはリハビリできない時期が明確です。急性期の場合、運動や体操はしないで安静にすることが基本になります。

急性期に無理に動かすと、炎症がぶり返すこともありますので、専門医の診断やアドバイスを受けてからタイミングよく運動するのが基本です。

ウォーキングはとても開放的な運動方法です。外出して公園などの気持ちのよい場所で一周するだけでもリラックス効果が高まってストレス解消にもなります。

部屋の中で閉じこもってのトレーニングもいいですが、外出して空気に慣れることも免疫力アップには大切です。五十肩は長い治療となることが特徴的な病気ですから、メリハリをつけて付き合っていくことが大切です。