TOP > 治療方法 > タオル

タオルについて



五十肩の肩の痛みや運動制限がある程度落ち着いてきたら、五十肩を再発防止するためにも、リハビリを徹底させることが必須です。

また五十肩のリハビリとして、タオルを使用した方法が多くあります。タオルは日常の必需品で、誰もが用いるものですが、愛着があってすぐに取り掛かりやすいというメリットがあり、あまり大掛かりではないために安全性も高い方法です。

一例として、タオルを背中に回し、痛みのあるほうの手を下にして、痛みの無いほうの手で持ち、痛むほうの腕を引き上げます。できるだけ自然にゆっくりと引き上げることを繰りかえすだけで、肩の伸展のストレッチが実現できます。

また、タオルを前面に横にもって、肩幅よりちょっと広めに持ち、そのまま上下の運動するだけでも効果があります。ここまでチェックしてみると色々な方法がありそう、と考えることができます。

その他、リハビリとはいい難いですが、寝る時の痛みを軽減するためにもタオルは有効活用できます。痛むほうの肩と腕の下に大きめのものを敷き、そのまま仰向けに寝るとかなり痛みは軽減されます。

また、布類の素材がよければよいほど効果があります。できればオーガニックコットンなどを使用した自然な感覚に優れたものがお勧めです。

間違っても水で洗濯して干しただけのものは使用しないほうが無難です。そのままでは夢見心地もおそらく最悪です。

五十肩では十分な睡眠がとても大切です。ストレスが溜まっていたらそれだけ休むようにしなければなりません。そのためには寝る前に温めのお湯でシャワーを浴びるだけでも効果的です。

また、肩が痛くても毎日入浴して背中を洗わなければなりませんが、体を洗うものは出来るだけ長めのものがお勧めです。力こそ不十分になりがちですが、余裕をもって痛みを制限しながら使用することができます。

もし、あなたも五十肩で長いこと悩んでいるのであれば、今お伝えしたストレッチ体操を実践されてみてください。