TOP > 治療方法 > サプリメント

サプリメントについて



五十肩は放っておいても痛みだけは治りますが、腕の可動域の縮小は放っておいて治るものではないので、整形外科で適切な治療、リハビリを行うのがもっとも早く治癒できて安全な対処方法です。また、この他にも予防・治癒するための方法はあります。

この病は突き詰めれば肩の骨の病気でもあるので、骨を補強することによって予防・治癒を期待できます。また、有効な栄養として、コンドロイチンが代表的です。このコンドロイチンは、多くのトラブルに有効です。

コンドロイチンは結合組織や軟骨を補強するために必要不可欠なもので、関節炎などの関節に関わる病気のほとんどが、このコンドロイチンの不足によって起こるものです。

コンドロイチンは関節と関節の間に入り、骨同士が動いた時に擦れ合うのを防ぐ役割を持っています。コンドロイチンが不足してしまうと、身体を動かしたときに骨同士が擦れ合って削れてしまいます。

これが、関節疾患の原因となるのです。逆に、コンドロイチンを十分摂取していれば、結合組織や軟骨などを補強することが出来るので、骨が正常に動き、関節疾患の早期回復が期待できるのです。

また、ヒアルロン酸も有効な栄養のひとつです。ヒアルロン酸には、関節の潤滑作用があるので、その他の関節炎の際はこのヒアルロン酸を摂取することによって関節の動きが滑らかになり、疾患の改善する効果があります。

これらの他にも、各種ビタミンやカルシウムなど、骨を補強する役割がある栄養を摂取することで、五十肩を改善させることができます。

これらの栄養はサプリメントなどで補給することができますし、病院で注射することで摂取できる場合もあります。もし、肩の症状に悩んでいるのなら、栄養をしっかり摂って、早期回復を目指しましょう。