TOP > 治療方法 > 鍼灸

鍼灸について



急性期は安静にすることが第一ですが、薬物療法によって炎症が治まるのを待つのが基本です。ですが、鍼灸治療も急性期の痛みを改善させるにはとても有効な手段です。

また、あまりなじみがない人も多いかと思いますが、漢方薬と同じく、東洋医学の一つで、鍼灸のという名の通り、これらを主を使うことで病気の治癒を促したり、健康を増進したりすることを目的としたものです。

多くの病期に有効と言われていますが、五十肩にもとても有効と言われています。古くから存在する方法ということもあり、改善の効果は高く、始めてから短期間で痛みが引いていくこともあります。

西洋医学では痛みを止める薬と炎症を治す薬を別々に使用しますが、東洋医学の場合、治療を施す場所によって炎症を抑える効果や血流を良くする効果など、多くの効能が、得られるので大変便利です。

薬物療法で五十肩改善にあまり効果を得られなかった人は、ぜひこの方法をを試してみてください。また、五十肩の症状が進んで筋肉が委縮してしまう前に行うことでより効果を発揮します。

ですので、急性期の初期が最も効果が表れると言えます。この効果で、急性期にみられる肩の激しい痛みと筋肉の痙攣を抑えることができます。

慢性期は炎症が治まってくる時期なので、ここから温熱療法や運動療法を行うのが一般的な五十肩の治療方法です。急性期から始める鍼による治療に引き続き、慢性期に入ってからはお灸による温熱療法を行います。

温熱療法は身体をポカポカと温め、血行を良くするので、運動療法と合わせて行うことで大変高い効果を発揮します。また、薬などを服用することがないので、副作用がなく、安心して受けることができるのがメリットです。

しかし、薬と同じように何度も行って初めて効果が得られるものですので、1回で止めてしまうようなことはないように根気よく続けることが大切になってきます。