TOP > 治療方法 > 整体

整体について



改善方法には様々なものがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。症状が慢性期に入れば、肩の痛みも減って、ある程度自由度があがるので、治療の幅も広がります。

慢性期に入ってから有効なのが、整体による治療が挙げられます。これは、体の中に生じた「ゆがみ」を取り除くことによって、健康な体をつくるための療法です。

人間の体はどこか一部分でもゆがみが生じると、体全体のバランスも崩れてしまいます。逆に、ゆがみを取り除くことで、体全体がバランスを取り戻し、健康な体を作ることができるのです。

この方法はマッサージのように患部周辺をもみほぐすのではなく、体全体を見て、もっとも効果的だと思われる体の部分をほぐすことにより、患部や体全体に働きかけます。

ですので、必ずしも肩の筋肉のみをほぐすというわけではないのです。ときには、患部周辺には一切触れずに行うこともあるそうです。

まず患者に問診をすることから始まり、体のゆがみの程度や筋肉の状態を確認し、さらに触診で具体的な体の状態を把握します。ここまでで得た情報をもとに、もっとも効果的だと思われる治療方針を定めるわけです。

施術を受けるにあたり、薬と違って副作用もないのでその点では安心ですが、注意しなければならない点もあります。それは、効果が高い反面、適切ではない施術を施した場合、逆に症状を悪化させてしまうことがあります。

同じ五十肩という病気でも、一人一人症状が違うので、施術する側はその細かな違いに対応しなければなりません。ですので、事前に行う問診や触診は大変重要なものなのです。

問診や触診をいい加減に行う治療家は信用なりません。もし、この療法を試すのであれば、経験が豊富な方にお願いしましょう。薬などと合わせて行うことで、より効果を発揮することがありますので、とてもお薦めの手段です。