TOP > 治療方法 > 温熱治療

温熱治療について



五十肩の慢性期においては、患部を中心として温めていく治療が有効です。五十肩の慢性期は急性期よりも痛みが軽くなった状態です。

これは、五十肩の炎症が引いて肩関節がどんどん硬くなっていく時期とも言えますが、冷したりすると余計に可動域は減少していきますので、できるだけ温めて血行をよくし、筋肉の緩みを維持することが大切です。

温める治療を温熱療法ともいい、病院では五十肩にホットパックをよく用意します。また温めることばかり念頭にあると、温熱をしていない時間に冷してしまっていたという場合がよくあります。

温熱治療は保温を維持すること、また冷さないようにすることがポイントですので、日常的に意識しておくことが大切です。

またホットパックは高温でとても効果がありますが、他にも様々なツールがあります。例えば入浴が代表的です。筋肉を効果的に温めてほぐしたり、精神的にもリラクゼーション効果が高まりますので、血行をアップさせて自律神経を整調するためにももってこいです。

また高血圧を合併している場合は要注意です。ぬるま湯に半身だけつかる半身浴では肩をカバーできませんし、やはり短時間に限定してストレッチなどで効果を高めるのがよい方法です。

シャワーをちょっと熱めにしてから打たせ湯のような感じで、五十肩の痛みを感じる部分に集中させるのもよい方法です。また使い捨てカイロでも充分です。しかし低温やけどを起こす危険がありますので、タオルなどでくるんで使うのがお勧めです。直接肌に触れると温度が高い場合はとくに危険です。

その他には蒸しタオルがあります。お湯で絞ったタオルをビニール袋に入れて肩に乗せると、タオルをとったあとで冷しすぎないようにケアできます。

普段ドライヤーを使用しているのであれば振りながら当てるのが効果的です。痛みが無いほうの手でもいいですし、痛みがあるほうでも振り込むことでよい運動になります。やはり高い温度で温熱をした後は急激に冷さないように注意することが大切です。