TOP > 治療方法 > 漢方薬

漢方薬について



五十肩の治療に用いられる薬は、局地麻酔薬やステロイドなどが一般的です。これらの薬は西洋医学の薬ですが、東洋医学の中にも、有効なものがあることが分かっています。

それは、漢方薬と言われていますが、なんとなく体に良さそうなイメージを持っている人が多いと思います。ですが、同じ薬でも服用する人の体質によって、効き目が違うと言う特徴があります。薬と体質がよく噛み合えば、大変、大きな効果を期待できます。

しかし、逆に体に合わないと悪影響を及ぼす場合もあるので、素人がむやみに服用しようとすると危険なので、服用の際には必ず専門医に相談しましょう。また、単体では回復が難しいため、他の薬と併用して効果を高めましょう。

五十肩に効果があるものは、いくつか存在します。その中でも特に有名なのが、「二朮湯」です。この二朮湯は、腕や肩の痛みを和らげる効果があります。

「腕」と「肩」という、五十肩の時に痛む部位に対応しているので、治療にはもっとも優れているものです。もちろん二朮湯の他にも、五十肩に効くものはたくさんあります。

テレビCMなどで名前はお馴染みの「葛根湯」は、頭痛や発熱など、多くの効能を持っていますが、その中の一つに上半身の炎症性疾患があります。肩の炎症が原因の病気なので、効果があります。胃腸が虚弱な人は服用を控えてください。

この他にも、神経痛、関節痛に有効な「五積散」や「桂枝加朮附湯」など、色々な種類があるので、興味がある人は調べてみてください。最近では漢方薬を処方箋として出している病院もあり、より効果的な治療を受けることができます。

また、ドラッグストアでも購入することができるので、一度、試されてみるのもいいかもしれません。ですが、本当に治るかどうかは本人次第です。あまり薬に頼りすぎないようにしてください。