TOP > 四十肩 > 治療方法

治療について



四十肩や五十肩は身体的変化がないにも関わらず、肩の痛みを感じる病気なので、他の疾患よりは割合治りやすい病気です。

この病気は放置していても、痛みだけはいつのまにかなくなってしまうものなので、患者がやらなければならないことは、患部を温めて、筋力の低下や癒着を防ぐためにリハビリを行うくらいのものだからです。

ですが、間違った知識で治療を行うと、返って症状を悪化させてしまうことになりかねないので、必ず専門医の指示に従って行うようにしましょう。

病院などで診断を受ける場合、家では行えないないような専門的なことができるので、家で行うよりも効率的に行え、その分、早く症状の回復を期待できます。

特に、局所麻酔薬を使用する「神経ブロック療法」は、急性期に生じる強い痛みを抑えることができるので、ご自宅でやるよりも圧倒的に楽に急性期を過ごすことができます。

また、病院などでは専門器具を用いたリハビリなども行えるので、大変助かります。ちなみに、ここまで四十肩と五十肩について記してきたことからお分かりいただけるように、この2つの病気には違いがありません。

何故なら、この2つはは名前は違いますが、全く同じ「肩関節周囲炎」という病気だからです。疾患が発症する年齢が40~60歳という狭い範囲なので、そこから40歳にかかるのが四十肩、50歳にかかるのが五十肩と、民間で使われるようになったのが始まりだからです。

若いうちにかかった方が当然治りは早くなるし、リハビリのために行う運動も若い方が積極的に行うことが出来ます。四十肩の方が比較的早く回復を見込めることは間違いありません。どちらにせよ、発症したらすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。