TOP > 関連ページ2 > メカニズム

メカニズムについて



五十肩は五十代で最も多く発症するもの、また、四十代でかかれば四十肩と呼ばれるように、症状は同じでも年齢によって呼び方が違うという特徴のある病気です。

肩関節の周囲に炎症を起こすものですが、この症状を起こす肩の病気にも様々です。また大きな特徴として、腕が肩より上がらなくなったり、腕を後ろに回すことが出来なくなります。

五十肩の原因として、まず老化が考えられますが、最近は特に10代の方でも発症例が多くなり、根拠としてあまり通じないことになっています。

では、身体の組織がどのように変化するのかというと、上腕を支えている筋肉が加齢によって固くなり、腕を上げる動作をする際にも圧迫を受け、肩関節や靭帯が薄くなっていきます。

更に血行が悪化することで、腱も脆くなると炎症が起こる可能性が高まってきます。また筋肉が硬直化するのは、全身のゆがみが原因であると考えられますが、ゆがみが起こるまでには多様な段階が存在します。

まず歩き方が悪いと、身体の重心のバランスが崩れ、そのまま骨盤にゆがみが生じます、そしてこのゆがみによって猫背気味になると、頭部が前方に突き出し、この結果肩の筋肉に大きな負担がかかり、肩関節の炎症が起こる、というものです。

五十肩のメカニズムは生活習慣から捉えていくことが大切、とも言えます。歩き方についてはフットケアも大切です。またフットケアで重視されるのが靴の選び方です。靴をしっかりと選んでいないと、歩き方が徐々に偏ってきます。

また日常的に歩かないのになぜ?という方もいらっしゃいますが、五十肩は加齢によって起こる、つまり五十代までに様々な負荷を肩にかけたから起こる、という場合もあります。

骨のゆがみの矯正、血行の改善、運動不足や歩き方、姿勢の悪化の改善など、様々な問題をクリアしなければ、発症を免れることは不可能です。

中年以降の方も、また若い方にとっても、生活習慣の悪影響は徐々に増えていますので、日頃から注意することが大事になってきます。