TOP > 関連ページ1 > ストレス

ストレスについて



最近は若い年代、つまり五十歳を超えていなくても五十肩になってしまう人が多くなっています。五十肩の主な大きな原因は加齢と言われています。

しかし、30歳で肩関節が極端に老化を起こしている場合も多くあり、この場合、原因として考えられるのが、筋力の低下や骨量の低下などです。

また肩関節が正常でも五十肩を発症する例は多くありますが、その多くはストレスが過多になっていることがあります。

五十肩とストレスによる直接の原因は明確ではありませんが、ストレスを解消する治療をすることで、五十肩が一気に治癒したという例は多くあります。

五十肩の治療は場合によって、患部の痛みを増大させてしまう危険もありますが、上手くコントロールできる場合も多くあります。

自律神経の高ぶりを緩和したり、血行を改善するなどの方法によってストレスは緩和されます。もちろん薬剤を過剰に投与したり、痛みのある手技などを用いるのではなく、もっとソフトな施術をするのが基本です。

またやはり休息や気分転換が最も大切です。あまり精神的なストレスが溜まりすぎていると、仕事への集中力も散漫になりがちです。

しっかりと質の高い睡眠を取ることも大切ですし、好きなスポーツを楽しんだり、趣味で何か始めるなども効果があります。

その他、ストレスは多くの疾患に繋がりやすいと言われています。また姿勢が悪化すると特に生活習慣病と呼ばれる椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの重い病気の可能性が増大します。

姿勢の悪化、運動不足を常にケアしておけば、ストレスがそれほど大きくなることはないと言えます。

またストレス解消にはたくさんの治療法がありますが、人それぞれでその選択子も異なってきますので、一度専門家にしっかりと相談するのが適切です。