TOP > 関連ページ1 > 肩関節周囲炎

肩関節周囲炎について



あなたは、肩関節周囲炎という病気をご存知でしょうか。特に四十代以降に発症するケースが多く、肩や腕に掛けて激しい痛みが出る上、肩を思うように動かせなくなって日常生活を送ることすら困難になってしまう病気です。

ここまで読んでどこかで聞いたことのある症状だと思った方も多いでしょう。要するにこの病気は、四十肩や五十肩のことを指しています。

五十肩の痛みは急性期と慢性期に分けられており、急性期は激しい痛みが一気に出て、慢性期はじわじわと痛みが出るのが特徴です。急性期と慢性期それぞれで治療の仕方が変わるので五十肩の治療をする際はそうした点にも注意しましょう。

五十肩の症状は自然に治ることも多いので、発症しても病院に行かず、自分で治療しようとする方が非常に多いですが、五十肩に似ている症状の病気は多く、間違えた治療を行った末に症状を悪化させることが珍しくありません。

仮に五十肩だったとしても他の病気も合併している恐れもあるので、肩に痛みが出たら、早めに病院などで診察を受けるようにしましょう。

五十肩の原因にはいくつか説があり、老化による肩関節の周辺組織の変化や炎症などが原因とされていますが、具体的な原因については未だに分かっていません。

ただし、四十肩や五十肩の名前の通り、四十代以降から発症する確率が急激に上がるため、そうなる前に早いうちから予防することが大切です。五十肩の予防には、適度な運動と栄養補給といった健康的な生活を送ることが一番大切とされています。

ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を毎日続けることによって、代謝機能を増大させたり、筋肉をやわらかくすることで身体に掛かる負荷に耐えられるようにしたりします。

また、炎症を起こしやすくなる、肩関節周辺の組織を作るための栄養を食事やサプリメントで定期的に摂取したりすることで、強い身体を作っていくことが大切です。健康的な生活を心がけ、病気とは無縁の生活を送りましょう。