TOP > 病院・手術 > サポーター

サポーターについて



早く治すには整形外科での適切な治療・リハビリが重要ですが、自分で治そうと思った場合は、サポート用の製品を利用することで、比較的安全で効率的な治療を行うことができます。

五十肩を治すのにもっとも効率的な方法は、痛みが強い急性期は患部を冷やして安静にし、痛みが弱まってくる慢性期や回復期に患部を保温して適切なストレッチをすることです。

このうち、安静にすることとストレッチは家でも簡単に出来ますが、冷やす・温めるのは病院でないと難しいと思われます。しかし、サポーターを活用すれば、この二つも容易に行えるので、病院で受ける治療にも負けない効果を期待できます。

急性期は患部の炎症を防ぐために、患部を常に冷やしておく必要があります。現在では専用の冷却ジェルによって患部を冷やすことが出来るものも販売されています。

このような装具を利用して急性期を過ごせば、肩の炎症を防ぎ、早く回復期に移行できます。慢性期・回復期はとにかく患部を冷やさないようにして、適切なストレッチを行うことが必要です。

勘違いされる人が多いようですが、ここでは体全体を保温するのではなく、患部を重点的に温めることが重要です。とはいえ体全体が温まれば必然的に肩も温まるので、身体を温めながらも肩を重点的に温めることがもっとも効率のいいやり方です。

現在では治療を目的とした、備長炭やオーラ繊維などを用いたものが多く出回っています。このようなものを活用しながらストレッチすることで、五十肩の早期回復が期待できます。

また、医師の指導を受けることなく装着することが可能なので、手軽に行える治療方法です。患部の保冷・保温効果のほか、関節の動きを滑らかにし、痛みを和らげる働きもありますので、お薦めの治療法です。