TOP > 病院・手術 > 名医

名医について



五十肩を病院で治療しようと思ったら、腕の立つ医者に診てもらった方が安心だし、確実だと思われるのではないでしょうか。しかし、全国には数多くの医師がおり、誰が腕の立つ医者なのか、良く分からないという人がほとんどでしょう。

また、整形外科や鍼灸、整体など、各部門によって、考え方や治療方法は千差万別なので、一概にどの医者が良いのかを決めるのは難しいことです。

そもそも、「名医」という言葉自体が間違っているのかもしれません。医師ならだれでも、患者のことを第一に考え、患者が抱えている症状や悩みを真摯に受け止め、解決へ導いてくれます。

医療にかける熱意や実力に差はあれど、信用できない医師なんてものはほとんどいません。このご時世、信用のない医師などやってはいけないので、名医という言葉に惑わされて、五十肩を治すという目的を見失わないようにしましょう。

この病気は、正しい知識を持っていれば誰でも十分対処が可能です。日々の規則正しい食生活や適度な運動など、予防方法は難しいものではなく、肩の痛みが発症してからでも適切なストレッチや温熱療法など、自宅でも行える治療法は数多く存在します。

この病気の特有の激しい痛みを抑えるには、病院で消炎鎮痛剤などを処方してもらう必要がありますが、それ以外で自分で出来ることは山ほどあるので、医師に頼る部分と、自分でしっかりやる部分をはっきりとさせ、全部人任せにならないようにしましょう。

治療に必要なことは、いかに患者自身で治そうと努力をするかです。それでも有名な人に診てもらいたいという人は、インターネットなどで検索すれば、腕の良い医師が在籍する病院を調べることができますので、調べてみてはいかがでしょうか。

また、全国の有名な病院などを紹介しているガイドブックなども書店で購入できるので、そちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。