TOP > 病院・手術 > リハビリ

リハビリについて



五十肩のリハビリには、肩関節の可動範囲の拡大と、肩の筋持久力の向上によって、肩を無理なく動かすことができるようになるための適切な運動を行うことが大切です。

有効なストレッチが多く開発されていますが、何も考えずに行っていると、かえって症状の悪化や再発を促してしまうことになってしまう場合があります。ですので、リハビリを行うにあたって、様々な注意事項があります。

何もしていないのに肩に痛みを感じる「炎症期」では、肩を動かすことを控えるようにします。炎症期は無理に運動を続けることで、かえって症状を悪化させてしまいかねません。

五十肩を治すには、状況によって適切なレベルの運動を適切な頻度で行うことが重要です。せっかく治そうと思っていても、無理をして症状を悪化させてしまっては本末転倒です。

上記のような状態で無理な運動をすることは絶対にやめましょう。もし、上記のような状態で無理に行って、痛みが大きくなった場合は、直ちにリハビリを中止し、専門家などに適切な処置を施してもらうのが大切です。

ですが、何もしないということは、症状の改善を遅らせることになることも事実です。整形外科などに行くと、安静にしていれば半年か1年程度で自然治癒します、などと良く言われ、薬や湿布を渡されますが、それで症状が改善されることはありません。

主な原因は、肩や腕を動かさなかったことによる拘縮です。ですので、安静にしていればしているほど、症状が悪化していくということを知ってください。

動かさないということは更なる拘縮を招くことになり、症状がどんどん悪化してしまうことになるのです。五十肩を根本から完治させるには、拘縮した部分をどんどん動かし、血流を良くすることがポイントです。

血流が良くなれば、自然とその周りの筋肉もほぐれていき、拘縮も取り除いていくことが出来るのです。

ですので、肩の上まで腕を伸ばせなかったりしても、ある程度の症状であれば、どんどん腕や肩周りを動かすようにして、早期治癒を目指すようにします。

自分はストレッチをする必要がある時期にいるのか、そうでないのかを見極めることが、五十肩を早く治す秘訣です。 

また、リハビリはストレッチだけではなく、滑車運動や温熱療法など、数多く存在します。専門医によく相談して、自分の症状にもっとも効果的な方法を選ぶようにして、1日も早く五十肩を改善させていきましょう。