TOP > 病院・手術 > 薬の効果

薬について



この病気を病院で治療する場合、もっとも多く用いられる方法が、薬物療法です。とくに急性期は、薬によって痛みを抑えることで患者が感じる負担を減らすことができます。

この病気の治療に用いられるものは、炎症による痛みを抑えるためのものであって、決して疾患そのものに働きかけて治癒を早めるものではありません。

現代医学では、この疾患に対する治療は残念ながら未だ確立されていません。市販の肩こりに効くと言われているものも、あくまで肩の痛みを軽減するだけであって、五十肩そのものに効果があるという意味ではないので勘違いしないようにしましょう。

病院で使用され、痛みを抑える代表的なものが、非ステロイド性消炎鎮痛剤です。これは用途によって内服、外用、坐薬という3つの種類を分けて使用します。

どの種類も、炎症を抑える作用があります。基本的に、炎症による痛みがひどい場合には坐薬、それほどではない場合には他のふたつを使用します。内服は食後に服用するタイプ、外用は患部に直接塗布する湿布や軟膏を使用します。

痛みがあまりにもひどいときは、より炎症を抑える効果が期待できる「ステロイド」を用いる場合もあります。しかし、これは効果が高い反面、副作用を起こす可能性が高いので、何回も使用することはありません。

また、病院ではヒアルロン酸などの、筋肉の動きを潤滑にする効果がある成分を注射する場合もあります。このような成分は、服用するよりも副作用を起こす可能性が極めて少ないので、安心して服用することができます。

病院で治療をする目的で使用されるものは、急性期の炎症がひどい期間にしか使用しません。これを治すには、適度に肩周りの筋力をつけ、患者自身で自分で治すんだという意志が必要であることを忘れてはいけません。