TOP > 病院・手術 > ヒアルロン酸

ヒアルロン酸について



五十肩の直接的な治癒につながる薬は存在しません。病院で行われる薬物療法に用いられる薬品も、鎮痛剤や麻酔薬など、肩の痛みを抑えることが目的のものなので、これらを服用したからと言って痛みが早く治ることはありません。

このように厄介な病気ですが、その原因が肩関節の炎症にある以上、関節に働きかける成分を体に取り入れることによって、ある程度治療に役立てることができます。

関節異常に効果的な成分として、ヒアルロン酸が挙げられます。これは潤滑液や軟骨の中に含まれている成分です。この成分が体の中に十分あれば、肩を含めた全身の関節はスムーズに動き、快適な運動や健康な体作りをサポートします。

ところが、体内にあるこの成分は、年をとるごとにどんどん少なくなってしまいます。年をとると足腰が痛くなってくるのはこの成分が減少し、円滑な関節運動が行われていないからです。ですので、これを補給することで、スムーズな動きを取り戻すことができます。

五十肩は、肩関節が炎症を起こしてしまい、十分な関節運動が行えないために、腕の可動域が減少してしまう病気です。ですので、肩に注射して補給をすることで、肩のスムーズな動きを一時的に取り戻すことができ、これが痛みの解消に役立つのです。

冒頭で述べたように、この病気の特効薬は存在せず、直接痛みを治す効果はありません。あくまで関節の動きをスムーズにし、リハビリ体操などを行いやすくするためのものなので、注射してからなにもしなければ効果はほとんど期待できません。

この病気の最終的な完全治癒の決め手は、患者の頑張りにかかっているのです。ですので、ヒアルロン酸を注射したからと言って油断してはいけません。あくまでも補助的なものと考え、自分の力で治そうとすることが大切です。